研究者を目指す人には電話占いも良い相談先になります

大学院に進学して研究者を目指している人、企業で開発部門など研究職についている人など研究者として成功することを夢見ている人もいます。

アカデミックな活動に励んでいる人にとっては占いの利用は邪道に感じてしまうかもしれませんが、心の支えとしては利用価値があります。

電話占いで研究について相談するメリットについて見ていきます。

研究をしていて、研究仲間以外と話す機会が少ない場合は視野が狭くなりがちです。

いつも同じ研究室で過ごしている場合は閉塞感を味わうこともあります。

電話占いは研究をしている人にとってよい気分転換になります。

1.研究内容についてのアイディアを気軽に話すことができます

仲間と研究内容について相談することでさらによいアイディアが出てくるともよくいわれています。

しかしこれはリスキーな場合があります。

まだ論文や学会で公表していない内容を他人に話してしまうとアイディアを盗まれてしまう可能性があります。

特に大学では、自分が一生懸命研究した成果を、指導教員があたかも自分だけで発見したかのように論文を投稿し、研究実績を独り占めしてしまう場合もあります。

占い師には守秘義務がありますので、万が一心を許して多くを打ち明けてしまってもアイディア盗用の心配がありません。

また、電話占いのサイトでは学問に長けている占い師も見つかります。

心理学を勉強した経験を生かして相談者の相手の深層心理を占う占い師がいます。

心理学の研究をしている場合は話が合うでしょう。

霊感がある占い師は研究に必要な洞察力や分析力も兼ね備えている場合があり、イレギュラーな研究の話をしても親身になって聞いてくれます。

2.研究室での人間関係を占ってもらいましょう

研究ではチームワークが重視されていることがあります。

技術的にわからないことが多かったら詳しい人に相談しなければなりません。

あるいは自分が周囲より有能だという自覚があるなら、足を引っ張られないように謙虚になり周囲に気を配ることが大切です。

あまりにも疑心暗鬼になるのも心身によくないですが、研究室内で自分が周囲にどう思われているのか、アドバイスをたくさんくれる良心的な人や一見優しそうにみえても腹黒い人はいないかを占ってもらいましょう。

研究者として成功するためには人脈を活用することも必要なので、その面では占ってもらう価値があります。

3.研究の効率を上げるために波動修正をお願いしましょう

これは、研究では自分の努力だけではどうにもならない側面があるからです。

理工系の研究で薬品を混ぜ合わせて試験管を振っているような時は問題ないのですが、文理問わず実験で参加者を募集しなければならないことがあります。

どんなにがんばって宣伝しても参加者が集まらないこともあります。

このような時、自分に必要な人を引き寄せられるように電話占いで波動修正をお願いするという手があります。

もし波動修正そのものが結果的に効果がなくても、お願いしたという安心感から研究をより気楽に進められます。

研究をしている人の中にはスピリチュアルがあまり好きでない人もいますが、カジュアルに相談をしてそのついでに占いもしてもらうという活用法なら抵抗感も小さくなります。

研究中のもう1つの相談先として電話占いはよいでしょう。